『「宮崎駿アニメ映画」創作の真相に迫る』読みました。

「宮崎駿アニメ映画」創作の真相に迫る (OR books)

『「宮崎駿アニメ映画」創作の真相に迫る』読みました。5年ぶりの最新作「風立ちぬ」が大ヒットしている宮崎駿(はやお)監督(72歳)の守護霊の霊言です。私はマンガやアニメが大好きなのですが、宮崎監督のジブリ作品はそれほどでもありません。私はドラえもんや名探偵コナンの映画のほうが好きです。でも、好きな人やマニアにとってはたまらないのかもしれませんね。

今回の霊言で、宮崎監督の魂の性質がかなり明らかになりました。作品を見ても分かりますが、魔術とか山岳とか妖怪とか動物とか、おどろおどろしい世界とかファンタジーの世界とか、妖精や精霊などが、よく出てくるので、そういう世界と親和性が高いと思っていましたが、まさに、そのとうりでした。以下、宮崎駿(はやお)監督の守護霊の霊言です。

宮崎駿監督の守護霊霊言

次々と明かされる(宮崎駿監督の)「過去世」

考えに親和性があるのは、老荘思想であるし、易学だよな。

「権力と結びついている日本神道」はあまり好きじゃない。

「山岳修行をいろいろしながら、仙人たちと同じように、いろんな仙術を使う」っていうことだな。山で修行し、ときどき村におりて、いろんな人たちに、その人の運命を教えたり、病気を治したり、祈祷(きとう)したり、そらあ、いろいろ仕事はあるわね。それは、修行した力でするわけで、私は、正当な救済をしておったわ。

なんか、山のなかばかり歩いておったからさ。そういう自然に惹(ひ)かれたって当然だよ。

権力闘争やいろんな争いや都の喧騒がいやなので、都を離れ、山にこもった。

中国にも生まれていたが、自分は老荘系(道教)で、孔子の教え(儒教)がとっても嫌いだったのは覚えている。農耕に従事しながら、仙術の修行をしていた。荘子の弟子だった。

日本に生まれたときは、武田軍団で占い師をしていた。

ユーミンの本質は日本神道系の魔法使い。

霊界では、「白いひげをはやした魔法使い」の姿をしている。

「十返舎一九(じっぺんしゃいっく)」などとは霊界で付き合いがある。

十返舎一九(1765年-1831年9月12日)-wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E8%BF%94%E8%88%8E%E4%B8%80%E4%B9%9D

直前世は明治・大正時代の洋画家「黒田 清輝(くろだ せいき)」

黒田 清輝(くろだ せいき)(1866年8月9日- 1924年7月15日)-wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E6%B8%85%E8%BC%9D

このたび、大川隆法総裁は、スタジオジブリの宮崎駿監督の守護霊を招霊し、霊言を収録­いたしました。
この霊言は「宮崎駿 アニメ映画創作の真相に迫る」と題され、2013年7月27日より公開されています。

◆ヒットの秘密 ~孫に見せたいアニメ作り~
 ――「見る人の視点」を意識した作品作り

◆ヒットの秘密 ~過去世の経験~
 ――山岳修行や、戦の占い師の過去世も

◆ヒットの秘密 ~人気の出る魔法~
 ――宮崎監督守護霊が使う魔法とは?

☆特集記事はこちら
http://info.happy-science.jp/2013/8277/

タイトルとURLをコピーしました