【警告】不愉快な気持ちになりたくない方は決して見ないでください!-【悪用厳禁】カルト教団の洗脳技術

ダイレクト出版

【警告!!】
本書は「洗脳」や「操作」の書ではない。
良き動機と正しい手法で 人を「説得」し、動かすための書である。
― デイブ・ラクハニ

※今日の記事は一部の方にとって
不愉快な内容が含まれています。
ご覧になる場合は、自己責任でお願いいたします※



「オウム真理教」を
ご存知でしょうか?

日本で初めて化学兵器を使った
テロ行為を行ったカルト教団です。

あの「オウム真理教」の熱狂的な支持者には、賢く、学歴の高い人も多くいたそうです。

その他のカルト教団にも、
学歴の高い人や
普通のビジネスマンだった人がいます。


なぜ、学歴も高くて、優秀な人たちが
そのようなカルト教団の熱狂的な支持者に
なってしまうのでしょうか?

不思議ですよね。

もしかすると、いつか
あなたのご家族が
カルト教団に説得させられて、
熱狂的な支持者へと変わってしまう日が
来るかもしれません…

いったい
カルト教団はどのようにして
人々を説得し、
熱狂的な支持者へと変えてしまうのでしょうか?



7歳から16歳までの10年間を
カルト教団で過ごし、
本書『説得の心理技術』を書いたデイブ・ラクハニは、こう言います。

===============
人を説得するうえで最も重要な感情は
「好奇心」だ。
===============

そして、続けて、こんなスキルを紹介しています。

===============
「質問と情報操作で相手を信じ込ませる」

部分的に情報を与えて、
相手に空白がある状態をつくる。

情報を制限すると、
相手は考え疑問を抱くようになる。

・・・

宗教団体は、
これらの手口で
犠牲者に襲いかかる。

最初は質問を引き出して、
犠牲者に答えを与える。

安心した犠牲者は質問することをやめて、
自分の知っている情報と結びつけ
「私はこの宗教団体に入るべきだ」と
結論づける。

例え誘導されて見つけた答えだとしても、
犠牲者は、自ら発見した答えとして、
それを疑おうとはしなくなる。
===============

これは、熱狂的な支持者を獲得するための
1つのテクニックです。

カルト教団は、このような
”説得”のテクニックを使って
多くの熱狂的な支持者(=ファン)を
集めているのです。



もしこのテクニックを
ビジネスで使おうと思うなら、
こんな感じでしょうか。


まず、
見込み客にあなたの製品やサービスについて質問をさせます。

そしてあなたは、自分の製品やサービスが
他の製品よりも優れているという情報を、
少しずつ提示していきます。

見込み客に
「もっとその商品について知りたい」
という、好奇心を抱かせるのです。

好奇心を抱かせることができたら、
あとは簡単です。

この商品を買うべき理由を伝えて
見込み客に判断させるのです。

お客自身に判断させることが大切です。

お客は、
自分で下した判断なので、
それを疑うことはしません。

あなたに「説得」させられたなんて、
知る由もないでしょう…



この方法をはじめ、
著書「説得の心理技術」には、
人の心を操って説得するテクニックが
たくさん載っています。


これらのテクニックを、
あなたのビジネスに応用して
熱狂的なファンを獲得するかどうかは
あなたの自由です。

が、
使い方を間違うと、反感を買うので慎重に…

http://directlink.jp/tracking/af/1519532/Mc9zdt1h/

(特別価格でお試しいただけます)



PS
この本の説得のテクニックは、
非常に強力で有効です。

悪用せず、
あなたのビジネスにだけ
活用することを約束してください。

http://directlink.jp/tracking/af/1519532/Mc9zdt1h/

【90日間返金保証】

もし、この商品を試してみて、気に入らないようでしたら、どんな理由があろうと、購入日より90日間以内に、商品を返品していただければ、代金は全額お返しいたします。

【著者からのメッセージ】

われわれの大多数が、夢見るような成功を手に入れられないまま、人生を送っているが、 その理由は到達不可能な成功を求めているからではない。

妥当な目標実現の手助けをしてくれる人々を説得することに失敗しているからだ。

覚えていてほしい
あなたが関わることすべてにおいて、
説得が求められる。

説得術とはまさに、自分の望みどおりの結果を手に入れるためのスキルなのだ。

デイブ・ラクハ二

「これは史上、最も危険な本かもしれない」
マイク・リットマン(Connect to Success,IncのCEO『史上最高のセミナー』共著者)

「本書はあなたの可能性を開くと同時に、
あなたの銀行の預金の残高を増やすことができる」

ジェイ・C・レヴィンソン(“ゲリラマーケティングの父”、『ゲリラマーケティング』シリーズの著者)

タイトルとURLをコピーしました