世界の貧しい人たちは富をイメージしなければならない

全世界の貧しい人々は富をイメージしなければなりません。

世界では数億もの人々が貧乏で、飢餓状態にあります。

だから、国際社会が貧困問題解決に向けて取り組むべきであり、寄付やボランティア活動も必要で、そのような取り組みを増やす必要があります。

しかし、もっと重要なことは、世界の貧乏な人々が、頭の中に、富や豊かさをイメージできる環境を早急に整えることです。

貧しい環境にいる人たちの頭の中は、貧困のイメージでいっぱいです。

「飢え死にするかもしれない」

「食べ物が手に入らない」

「服も靴も住む家もない」

といった貧しく悲惨なイメージに

満たされています。

だから、貧しい現実が

実現して、その貧困から逃れられません。

しかし、この人たちが、

富や成功をイメージできれば、

やがて、彼らは豊かになり

成功して富が得られます。

貧乏から脱却するには、

富をイメージできる

環境づくりが必要です。

貧しい人々が富と豊かさの映像を

見られる環境をつくる必要があります。

富や豊かさの映像を見れば、

富について、イメージできるように

なります。

だから、映像が見られる

インフラ環境を整備する

ことが大切です。

インターネットの普及を

急ぐべきです。

インターネットを見て、

世界中のお金持ちの

生活を知り、

富と豊かさをイメージ

できるようになります。

そのような豊かな世界が

あることを知ったら、

いつまでも貧乏ではいられません。

頭の中は、富についての

イメージだらけになり、

やがて富が現実化して、

本当に豊かになっていきます。

また、現地にお金持ちや

大企業を誘致できれば、

とても効果的です。

お金持ちの生活を見れば、

「自分もお金持ちになりたい」とか

「リッチな世界があるんだな」とか

富への羨望が起こり、

頭の中に富がイメージされ、

やがて豊かになっていきます。

貧乏な人たちの頭の中に

富をイメージするチャンスを

与えなければなりません。

タイトルとURLをコピーしました