十分の一税とは?

十分の一税は古代ユダヤの慣習です。古代ユダヤ人たちは、収入の十分の一を教会や寺院に寄付していました。

収入の十分の一を寄付することによって、寄付した人たちは豊かになっていきました。古代ユダヤには、そのような習慣がありました。

その原理は現代でも通用します。

収入の十分の一を寄付することによって、寄付した人は豊かになっていきます。

古代ユダヤ社会では、ユダヤ教が生活に浸透していたので、教会や寺院に寄付することが多かったようです。

しかし、現在は、教会や寺院でなくても、赤十字でも慈善団体でもユニセフでも、知り合いでも、だれでもいいのです。

収入の十分の一をだれかに寄付することによって、あなたは確実に豊かになっていきます。

ユニセフに寄付すると、約35倍の金運が獲得でき、やがて、お金、あるいは同等の価値あるモノが得られます。

この十分の一の原理には、鏡の法則が働いています。

与えれば与えられます。

それも利子付きで。

豊かな人は与え好きです。

大富豪は、必ず社会に莫大な寄付を行っています。

仕事を通してサービスを与えること、持っているものを与えること、愛情を与えること、など、とにかく与えることが大好きです。

豊かになるにはどうすればいいのかというと、どんどん与えればいいのです。

あなたが他者に与えたものは、何倍、何十倍にもなって、必ずあなたに返ってきます。

仕事を通して、価値やサービスを他者にどんどん与えていきましょう。

社会に与えるサービスの価値を上げるため、常に学び、自分の技術を磨きましょう。

また、自分が持っているものはどんどん与えましょう。

十分の一の原理は、鏡の法則の応用です。

十分の一の原理を上手に利用してください。

あなたは、どんどん豊かになります。

タイトルとURLをコピーしました