人に優しくしよう!自分がしてほしいことを他の人にもしてあげる=黄金律

人間は優しく生きることが大切です。優しく生きるとは、自分がしてほしいことを他人にもしてあげることです。これを黄金律といい、いつの時代、地域でも変わらない真理であり、不変のルールです。

自分がしてほしいと思うことを他人にしてあげるとは、例えば、優しくする、親切にする、真理を教える、助ける、迷惑をかけない、害さない、傷つけない、殺さない、だまさない、悪口を言わない、侮辱しない、嘲笑しない、差別しない、などなど、自分がしてほしいことを他人にもしてあげるのです。

逆にいえば、自分がしてほしくないことは、決して他人にしてはならないということです。

例えば、殺す。なぐったり、けったり、暴力を振るう。だます。傷つける。害する。バカにする。おとしめる。いじめる。悪口を言う。その他、自分がされてイヤなことは、決して他人にもしてはならないのです。

自分がしてほしくないことは、他人もしてほしくないに決まっています。

それとは反対に、自分がうれしくなることは、他人もうれしくなるでしょう。だから、あなたは他人がうれしくなるようなことをするべきです。

優しく生きるとは、自分の言動で、他人がどんな気持ちになるか考えるということです。それが大切なことなのです。

人に優しくできるということは、人間にとって、一番大事なことなのです。他人に優しくできない人間というのは人間ではない、というか、まだ、人間に進化しきっていないといっていいでしょう。

あなたが出会ういろいろな人に優しい心や言葉をプレゼントしていきましょう。そうすれば、あなたは喜ばれる人になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました