鏡の法則と勤勉の美徳

仕事は、他者への奉仕なので、大変大切なものです。人間は、他者への奉仕を学習するために、地上に生まれてきました。

鏡の法則により、他人に奉仕しなければ、自分に何も与えられないので、生活できなくなります。

このように、この地上は他人に奉仕しなければ生きられないという構造になっています。

これは、天のはからいであり、すべての人間の魂に他人への奉仕を学習させるための完璧な仕組みなのです。そのために、鏡の法則も生み出されました。

勤勉は天の意志にもかなう最高の美徳です。勤勉とは、精一杯、他人に奉仕することだからです。

勤勉な人物は、天に愛され、霊的にもスクスクと成長することでしょう。

現代社会では、奉仕すれば、それが、収入になって自分に返ってきます。

その収入を使って、自分も他人から奉仕していただけるわけです。

というわけで、人間は勤勉に働き、一生懸命に他者、そして社会に奉仕しなければなりません。

タイトルとURLをコピーしました