世界の歌姫、宇多田ヒカル守護霊霊言+藤圭子、天国からのメッセージ

宇多田ヒカル――世界の歌姫のスピリチュアル・シークレット (OR BOOKS)

『宇多田ヒカル――世界の歌姫のスピリチュアル・シークレット (OR BOOKS)』読みました。

世界の歌姫、宇多田ヒカルさんの守護霊霊言です。

この霊言で宇多田ヒカルさんの驚きの過去世が明かされました。

宇多田ヒカルさんの魂は古代エジプト時代に生まれていて、ネフェルティティという名前です。

といっても、ネフェルティティってだれ、とみなさん思うと思います。

私もネフェルティティという名前は初めて聞きました。

ネフェルティティは、紀元前1300年代、エジプト新王国の第18王朝の王イクナートン(アメンホテプ4世)の正妃です。

アメンホテプ4世とともに、多神教だった従来の宗教を廃して、太陽神アテンのみを崇拝する一神教を始めました。

また、アマルナ美術と呼ばれる開放的な芸術を生み出しました。古代エジプト三大美女の一人と言われているそうです。

このネフェルティティが宇多田ヒカルさんの守護霊を務めているようです。

そして、イクナートン(アメンホテプ4世)はなんと、

トランプ大統領の過去世なのだそうです。

それから宇多田ヒカルさんの魂は北欧神話のオーディンの妻で、マイティ・ソー(トール)の母ヨルズだったのだそうです。

また、アトランティスにも生まれていて、やはり音楽家として活動し、さらに日本にも木花開咲耶姫(このはなのさくやびめ)の母親で生まれていたそうです。

本書の最後には宇多田ヒカルさんの母親の藤圭子さんの霊言が掲載されています。

藤圭子さんは今は天国にいて、とても幸せなのだそうです。

「幸福の世界」にかえっているといっています。

そして娘である宇多田ヒカルさんが幸福に人生を全(まっと)うできるように

あの世から応援したいと思っているそうです。

では、最後に、藤圭子さんの天国からのメッセージをお伝えします。

藤圭子 (歌いながら)「夢は夜ひらく~♪」という歌がございますけれども、やっぱり、夢は持ち続けないといけないと思います。

だから、みなさまがたに伝えたいことは、人生どんなにつらいことや苦しいこと、悲しいことがいっぱいあっても、自分自身が神様、仏様に受け入れられて、素晴らしい人生が開いていくことを、潜在意識のなかで、心の奥底にいつも落とし込んで願い続けていれば、本当に、寝ている間に潜在意識が開花して、自分をそちらのほうに導いてくれるように、きっとなると思います。

歌で暗くなるだけでなくて、寝ている間に(潜在意識を)開いて、自分自身の表面意識でいろいろ悩んだり苦しんだりしている部分に、「霊界の威神力(いじんりき)」というか、「神秘力」を注入してもらって、「思いの力で、明日以降の人生を、きっと切り拓(ひら)いていけるんだ」というふうに思ってください。

それと、私のファンのみなさまがたは、もうちょっとお年を召した方が多いと思いますけれども、ヒカルを温かい目で見守ってくださればありがたいなというふうに思っております。どうか、よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました