今は手が痛くなることが多い

9年前に書いた痛風日記を紹介しましたが、当時と今が違うのは、当時は足が痛くなることが多かったのですが、今は手が痛くなることが多いということです。

左手が痛むと次は右手が痛くなり、右手が痛むと次は左手という感じで、右手と左手が交互に痛みます。

右手と左手が同時に痛むということはありません。

そして両手の指に痛風結節という小さなコブができてしまいました。

もちろん、両足の親指のつま先にも痛風結節というコブがあります。

タイトルとURLをコピーしました