遮断力(しゃだんりょく)が一番大事

遮断力とは何でしょうか?それは文字通り、遮断する力ということです。現代人にとっては遮断する力ということが一番大事です。

現代はもちろん情報社会であり、ありとあらゆる膨大な情報が毎日毎日発信されています。現代人はその膨大な情報の海に飲み込まれてアップアップと溺れている状態です。

現代社会の1日の情報量は、平安時代の一生分、また、江戸時代の一年分と言われています。そのような膨大な情報をすべて自分の中に取り入れようとすれば、頭がパンクしてしまい、鬱病、あるいはノイローゼになってしまうのがオチです。

そこで必要なのが、遮断力です。すなわち、「見ない、聞かない、かかわらない」ということです。

世の中の9割以上の情報は有害有毒、あるいは間違った情報、あるいは自分には何の関係もない、どうでもいい情報です。

そのような情報はできるだけ「見ない、聞かない、かかわらない」ようにして、なるべく、自分にとって役に立つ有益な情報だけを見たり、聞いたり、自分に取り入れたりすることです。それ以外はフルシカト、完全無視でOKです。

タイトルとURLをコピーしました